<< '09 新潟記念(G掘法キーンランドカップ(G掘坊覯 | main | '09 新潟2歳ステークス(G掘法小倉2歳ステークス(G掘坊覯 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

'09 札幌2歳ステークス(G掘坊覯

◆札幌競馬場
<芝> 2回11日目、Cコースを使用。時計の出方は安定しているが、逃げ馬が一筋縄では残れない外差し馬場となっている。

札幌9R  札幌2歳ステークス 2歳オープン 芝1800m(Cコース)

∴サンディエゴシチー
▽ポップコーン、ぅ蹇璽疋轡奪廖↓Ε泪ぅ優▲蹈沺↓Д好據璽好◆璽、サトノサンダー(評価順)

【スタンド手前からのスタートで1コーナーまでの直線距離は185mしかない。いきなりレースの流れを左右する勝負所を迎えることになり、各馬はなるべく早く1コーナーに飛び込みたいが、思惑が一致する分だけポジション争いは激しくなる。向正面に入ったところで隊列が落ち着き、それ以降のラップは前半の流れに影響される。上級条件になるほどテンの主導権争いが厳しくなりペースも上がるが、それでも前々でレースをした馬が粘れてしまうことが特徴と言える。持続力に優れた逃げ先行馬が有利なコース設計と判断したい。枠順は内が好ましいが、出脚が鈍いと外から絞られて想像以上に位置取りが悪くなってしまう諸刃の剣。中枠が先行できるタイプが理想像に映る】

◆小倉競馬場
<芝> 3回7日目、Bコースを使用。時計の出方はまずまずだが、小回りコースで先行勢の粘りがイマイチな点を勘案すると、差し馬場と判断してよさそう。

小倉10R 佐世保ステークス 3歳上1600万下 芝1200m(Bコース)

∴Д曠─璽襯轡磧璽
▽ビーチアイドル、タムロスターディ、Εールタイムベスト、ボストンオー、テイオーギャング(評価順)

【向正面の直線を延長したポケットからのスタートで3コーナーまでの直線距離は479m。コース内で最も高い部分からのスタートになるのでテンからスピードが出やすく、3,4コーナーでも速度に乗ったままになり、直線ではスピードの惰性にのりつつ外まで大きく膨らむ。短距離における持続力勝負の様相なので逃げ先行勢力が有利だが、馬場状態は大きな鍵となる。開催後半になると、展開利と馬場の恩恵を受けた差し馬同士の決着で大波乱ということも間々ある】

◆新潟競馬場
<ダート> 先週の新潟ダートは僅かではあるが、今開催で最も時計の掛かる馬場コンデイションに思えた。その因果関係からか比較的差しが決まっており、同様の傾向を想定したい。

新潟11R BSN賞 3歳上オープン ダート1200m

∴アウトクラトール
▽ダイワディライト、ワールドハンター、.汽鵐┘爛僉璽燹↓Εィーンオブキネマ、┘罐咼タス(評価順)

【ダートコース内のスタートで1コーナーまでの直線距離は389m。全般的には序盤各馬がポジションを取りに行くため速く流れて、中盤で落ち着く中緩みの寸法だが、実際はメンバー構成にかなり左右されやすい。4コーナー終点は角度のキツい曲がりのために全体的に抑えられるが、後方からの捲くりが利きにくい分、そのまま地の利が生きやすいコース。多頭数の14番,15番ゲートは距離損必至なので厳しい】

人気ブログランキングブログ村ランキングFC2ブログランキングJRANKブログランキング
各種ランキング参加中です。ご支援よろしくお願い致します。

-以下参考記録-

前週新潟2歳ステークスにてΕ轡鵐瓮ぅ侫犬鮨箴、単勝370円的中!
小倉2歳ステークスにてジュエルオブナイルを推奨、単勝360円的中!
札幌2歳ステークスにてサンディエゴシチーを推奨、単勝460円的中!
三週前レパードステークスにてトランセンドを推奨、単勝170円、三連単固め打ちで10,050円的中!!
四週前天の川ステークスにてぅ好沺璽肇アを推奨、馬連890円的中!


※各々のレースにおける出走頭数1/3程を、推奨馬+相手馬として選出しています。
※推奨馬の1着入線を単勝的中、推奨馬及び相手馬の連対を馬連的中、推奨馬の1着入線且つ相手馬による圏内占有を三連単的中として、各々のボーダーを定めております。
※尚、馬連と三連単が同時に的中した場合は、より高配当である後者を優先的に取り挙げております。


会員申し込みはこちらからどうぞ
メールマガジン詳細につきましては上記のリンクからご覧下さい。

at 21:31, pointer-g, 配信レース結果

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 21:31, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://point-g.jugem.jp/trackback/256